忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

売切


アフィリエイトリンクを自分のブログに貼ったとします。しかしその商品が永遠にその店舗にあるわけではありません。製造元が製造を取りやめてしまうかもしれませんし、販売店舗の方針が変わってその商品を取り扱わなくなるかもしれません。そうするとせっかく張ったアフィリエイトリンクが無駄になってしまい、アフィリエイト収入につながりません。本気でアフィリエイト収入を増やしたいと考えているのであれば、ちょくちょくチェックする必要があります。売切れ商品のアフィリエイトリンクを自分のブログに貼っていても何も問題はありません^^。ただアフィリエイト収入が増えないだけです^^。ペナルティを受けるとか、サイトの評価が低くなるというようなことはありませんので安心してください。SEO上の問題も何もありません♪。うろ覚えですが、売切れ商品のアフィリエイトリンクをチェックしてくれるツールがあったような気がしましたが気のせいかな?!。

短期間で大量にバックリンク供給する場合のみIPアドレス分散必要。適量供給ならIP分散被リンク不要

退行催眠のサービスページ
退行 催眠

オーソリティSEO。ディレクトリ,ペイレベル・サブドメイン権威対策
2000年代からSEOサービスを提供,実戦経験と実績が「豊富」なSEOプロフェッショナル
重複コンテント(Content)セーフ、重複コンテンツContentsはアウト
URLのSEO。ディレクトリ部分のみで部分最適化、ファイル名のみで部分最適化。結果、全体で最適に
画像リンクを増やす
世の中はカネ(金)では無い。「世の中はチカラ」である。力が世の中を動かし、力が世の中を変える
サイトアーキテクチャーとは。要所3つ。URL論理構造、HTML(ページ)論理構造、リンク論理構造
外部SEO戦略。被リンク強度は固定し、貼られ続ける固定被リンクを増やす。オールド被リンク増⇒安定
現グーグル検索で被リンクは効か無くなっている?ノー、非常によく効く。何時効き始めるか判り辛いだけ
Web営業パーソンとリアル営業パーソンの二本立てで現実世界とインターネット世界を攻略する
リンク鮮度スコアとリンクエイジスコア。エイジが上位安定,一位維持で重要。オールド被リンクを増やす
コンテンツSEOのみ不安定。+被リンクSEOで安定。集客ボラティリティ
新式のニュー衛星サイトと旧式のオールド衛星サイト。どちらが安全か
SEO成功するキーワード割当方法2つ。ページに沿うキーワード割当てる。キーワードに沿うページ作る
PR

バランス


バランスよく内部要素と外部要素を施さなくてはなりません。魅力的で人の役に立つようなサイトを構築したとしても、アクセスがなければそのサイトは無駄になってしまいます。いくら魅力的で人のためになるサイトでも、人に見てもらわなければ存在している意味がありません。存在価値がありません。かといって外部要素だけ対策してアクセスを増やしても、コンテンツのしょぼいサイトを構築していたら、これまた無駄なサイトになってしまいます。外部要素の対策をしてアクセスが一瞬あったとしても、コンテンツがしょぼいと、ユーザーに嫌われてしまい、アクセスがなくなってしまうのは当たり前のことです。ユーザーからしてみれば、そのようなサイトを見ている暇はないですし、時間がもったいないのです。ユーザーは厳しいです。自分に必要がない、価値のないものだと判断すれば、容赦なく他のサイトを訪問します。そりゃそうですし、当たり前ですよね・・・。見る価値のないサイトは不要。

池袋のカウンセリングサービスページ
池袋 カウンセリン

内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後
逆SEO対策とは。標的URLの検索順位を下げる対策。「虚偽の風説」を流布するページの順位を落とす
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
「新」はエイジングフィルターの対象、「新URL,新被リンク」等。「新⇒エイジ期間⇒古」で正当評価
月間検索数多いヘッドは被リンクにコストかかる。検索数の少ないロングテールは記事作成にコストかかる
各URLへの被リンク対策心得。鉄則「コンテンツ先・被リンク後」を守りバックリンクペナルティ回避
SEO業者のSEOサービス二大構成要素。コンサルティング,被リンク供給
グーグル・ヤフーで「SEO対策」37位。ビッグワードは被リンクペナルティ回避最優先で対策
被リンクのペナルティーはある。外部リンクを貼る前以上にSEOスコア落ちる事も。SEO対策スパム
衛星サイトの記事に「関連性」は必要か?不要。非関連記事で安定上位実現可能
SEO集客増加のポイント「被リンクの伴うコンテンツを増やす」「常にコンテンツと被リンクはセット」
短期的なアルゴリズムに最適化させても上位表示は一時的・一過性で終わる。中長期アルゴリズムに最適化
起点はキーワード、基点はコンテンツ。他SEO要素の記述自ずと決る
SEO専用URLはキーワードを真っ先に決める。コンテンツ作成はその後
対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO

以前


以前であれば、この検索エンジンには内部要素を充実させた方が効果がある、あの検索エンジンには外部対策を充実させれば効果があると言われていました。今ではそれは全く通用しなくなりました。どちらかの要素一方だけでは効果が出ないようになったのです。効果が出ないようにGoogleがしているのです。検索エンジンの価値が下がってユーザーが減ってしまってはGoogleも困ります。広告収入も得られなくなってしまい、Googleがダメージを受けます。広告収入はシュエ雨季の一部ですから、なくなってしまっては大変です。となると、検索エンジンの質を下げるわけにはいかないのです。むしろ検索エンジンの質をどんどん上げていかなければユーザーがどんどん離れて行ってしまうのです。検索園児jん運営側も色々と考えているのです^^;。野放しにしていては、どんどんユーザーが離れて行って経営も危うくなってしまいますから・・・。何事もバランスが大事です。

獲得済み被リンクに占めるニュー被リンクの割合が高まると順位不安定に。オールド被リンク増加で安定へ
順位SEOと集客数SEO。個々のURL順位に頼らず全体の勢い集客数に頼る
検索エンジン集客多いサイト。標準ページと別でSEO集客ページ用意
「Bingで上位表示、Googleは検索圏外」原因。被リンク過剰パターン化
Google当局が行う2つの調節。被リンク緩和・被リンク引締め、コンテンツ緩和・コンテンツ引締め
URLに被リンク供給で一定期間、順位不安定になる。新規被リンクの評価が定まると検索順位は以後安定
グーグル不動の上位表示コツ。高コストの強いサイトから被リンク獲得。強い衛星サイト,強い相互リンク
SEO集客手段、「ヘッドキーワードSEO,テールキーワードSEO」の違い
「お知らせTwitter」は無くす方向で進める。事業ごとに2つもアカウントは要らぬ
コンテンツ内容で被リンク対策するキーワード決まる。キーワード選定
Google検索の被リンク対策で「ドメイン分散」は必須。「IPアドレス分散」は必須では無い
検索順位を上げるコツ。そのページ(URL)の「コンテンツ」に適したアンカーテキストで被リンク供給
経営の玄人「経営家」。インカムゲイン目的の企業所有の玄人「投資家」。「経営家+投資家=資本家」
ドメインオーソリティ高いと少ない被リンクで順位上る。標的キーワードで権威性高い独自ドメイン育てる
サイト内のURL群、営業と集客の分離。営業部隊とSEO集客部隊に編制
被リンクとは。被リンク7個=負荷7。被リンク50=負荷50。負荷調整・負荷管理が被リンク対策の要