忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バランス


バランスよく内部要素と外部要素を施さなくてはなりません。魅力的で人の役に立つようなサイトを構築したとしても、アクセスがなければそのサイトは無駄になってしまいます。いくら魅力的で人のためになるサイトでも、人に見てもらわなければ存在している意味がありません。存在価値がありません。かといって外部要素だけ対策してアクセスを増やしても、コンテンツのしょぼいサイトを構築していたら、これまた無駄なサイトになってしまいます。外部要素の対策をしてアクセスが一瞬あったとしても、コンテンツがしょぼいと、ユーザーに嫌われてしまい、アクセスがなくなってしまうのは当たり前のことです。ユーザーからしてみれば、そのようなサイトを見ている暇はないですし、時間がもったいないのです。ユーザーは厳しいです。自分に必要がない、価値のないものだと判断すれば、容赦なく他のサイトを訪問します。そりゃそうですし、当たり前ですよね・・・。見る価値のないサイトは不要。

池袋のカウンセリングサービスページ
池袋 カウンセリン

内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後
逆SEO対策とは。標的URLの検索順位を下げる対策。「虚偽の風説」を流布するページの順位を落とす
サイトリニューアルやページ更新で逆に順位ダウン。理由原因。逆SEO
「新」はエイジングフィルターの対象、「新URL,新被リンク」等。「新⇒エイジ期間⇒古」で正当評価
月間検索数多いヘッドは被リンクにコストかかる。検索数の少ないロングテールは記事作成にコストかかる
各URLへの被リンク対策心得。鉄則「コンテンツ先・被リンク後」を守りバックリンクペナルティ回避
SEO業者のSEOサービス二大構成要素。コンサルティング,被リンク供給
グーグル・ヤフーで「SEO対策」37位。ビッグワードは被リンクペナルティ回避最優先で対策
被リンクのペナルティーはある。外部リンクを貼る前以上にSEOスコア落ちる事も。SEO対策スパム
衛星サイトの記事に「関連性」は必要か?不要。非関連記事で安定上位実現可能
SEO集客増加のポイント「被リンクの伴うコンテンツを増やす」「常にコンテンツと被リンクはセット」
短期的なアルゴリズムに最適化させても上位表示は一時的・一過性で終わる。中長期アルゴリズムに最適化
起点はキーワード、基点はコンテンツ。他SEO要素の記述自ずと決る
SEO専用URLはキーワードを真っ先に決める。コンテンツ作成はその後
対策キーワードはマスマーケットとニッチに選り分ける事が大事。マスマーケットSEOとニッチSEO
PR