忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

キーワード


ページ内にキーワードをいまだに詰め込みすぎてはいないでしょうか。以前であれば通用していた手法ですが今では全く通じない手法です。このキーワードの詰め込みすぎは。だいたいキーワードの詰め込みすぎは、検索エンジンからペナルティを受けたり評価が下がるだけでなく、不自然すぎるので訪問者からも嫌われるので、訪問者も減ってしまいますし、最終的には自分で自分の首を絞めてしまうことになるのです。自然な文章が構成されているのであれば問題ないのですが、不自然な文章になるようでしたら、出来上がった記事を見直してみます。チェックして、う~ん・・・なんだか不自然だ・・・と思うのであれば、キーワードの出現頻度を減らすべきです。不自然にキーワードをたくさん出現させても、検索結果のランキングが上がるどころか下がっていくばかりになります。SEOを施しているように思うかもしれませんが、残念ながらSEOスパムを施していることなるので気づいてください。

家電(エアコン)や楽器(ギター)の買取サイト、松山市
エアコン買取松山
ギター買取松山

被リンク対策の進め方。1位表示に向け被リンク「全体」を最適化。被リンク「部分」の最適化は捨てる
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズムで発生するペナルティ
ビジネスも、サービスも、記事(コンテンツ)も、Webサイトも、「走らせながら」完成させる
キーワードの割当て方。「1URL1キーワード,1URL1意味」以外の対策URLは順位下落の運命
中長期的な「安定1位表示,安定上位表示」を実現する「SEO内部対策」の流れ・方法・やり方・進め方
URLは車、コンテンツがエンジン,HTMLソースはターボ,被リンクが燃料
内部対策の要、コンテンツSEOとは。コンテンツ版、三本の矢「キーワード最適化,充実度,独自性」
内部要因=コンテンツ。外部要因=被リンク。内部対策⇒外部対策。コンテンツSEO⇒被リンクSEO
「被リンクは殆ど効かなくなった」は半分本当で半分嘘。SEO成功する情報強者と失敗する情報弱者違い
FOMC年内緩和縮小。米が引締めに転ずれば円安進行。株高は国内マネタリーベース拡大に合わせて進行
URLの順位上がるかどうかは「内部対策の出来」で決まる。強い被リンクだけで安定1位は実現不可能
3つのリードタイム短縮で順位反映スピードは上がる。衛星サイト作成⇒被リンク設置⇒インデックス化
2012年後半のSEO対策。傾向と対策。情報量・コンテンツ不足のURL、上位表示被リンクコスト増
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
PR